ブログ

すっぽん鍋作りに適した土鍋の条件とは

すっぽん鍋を作る際には、火力が命となります。
なぜなら、すっぽんは臭みが強い食材であるため、美味しく食べるためには強い火力で煮込んで臭みを取る必要があるからです。
また、大量の日本酒を使って料理することになるので、しっかりと加熱してアルコール分を飛ばすことが必要なのも理由として挙げられます。
強い火力で長時間加熱するということは、調理に使う鍋の底はかなりの高温になるということです。
具体的には何百度にもなると言われています。
ですから、銅製の鍋やアルミ製の鍋など高温に弱い素材で作られた鍋は調理に使えません。
調理している最中に、熱で変形してしまったり、融けてしまったりするからです。
その点、高い熱でも変形することがない土鍋は、すっぽん鍋作りに適しています。
ただし、土鍋の中でも特に耐火性・耐熱性に優れた鍋を選ぶ必要があります。
通常の土鍋だと、あまりにも高い温度で加熱すると割れてしまうこともあるからです。
すっぽん料理を提供している料亭や専門店などでは、高温でも割れにくい専用の土鍋を用意して、何年も大切に使い込んでいます。
すっぽん鍋を食べるためには、お店に足を運ぶしかないというイメージを持っている方が多いです。
しかし、近年では材料となるすっぽんをインターネット通販などで取り寄せることもできるようになったため、ご家庭で調理することも可能になっています。
すっぽん料理をご自分で作ってみたいと思った場合には、六鍋で販売されている鍋を購入することをおすすめします。
空焚きにも耐えられる土で作られていて耐火耐熱性に優れており割れにくい性質を持っている六鍋のすっぽん土鍋は、すっぽん料理を提供しているお店でも愛用されていますから、安心して利用できるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る