ブログ

おいしくお米が炊けると噂のご飯鍋の特徴を紹介します

土鍋でご飯を炊くとおいしいという話を聞いたことがある方は多いと思います。

ただ実際に炊くとなると、手順が分からなかったり、少量だけ炊きたいときには日々愛用している土鍋では大きすぎて不便だとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におススメしたいのがご飯鍋です。
ご飯鍋はその名の通り、お米を炊くことに特化した土鍋です。
ご飯鍋の特徴は、いくつかあります。
まず、1合炊きから用意されているため、用途に見合ったサイズを選べばコンロを圧迫しません。
台所のスペースの都合で、炊飯器を置きたくない人にはピッタリです。
また、炊飯器よりも時短でご飯を炊くことができます。
炊飯器だと早炊きを選択し忘れた場合、スイッチを押してから炊き上がるまで結構な時間がかかりますよね。
土鍋で炊くと、沸騰まで強火で10分、沸騰してから弱火で10分、蒸らしに10分など、浸水時間を除けば基本は30分以内で炊けます。
そして何よりも土鍋でごはんを炊く良さはおいしさです。
炊飯器よりももっちりと香り良く炊けるので、白ごはん好きの方には大変おススメです。
塩だけのおにぎりや卵かけごはんなど、シンプルな食べ方をするときこそ、土鍋で炊いておいしさをアップさせたいところです。
おこげが食べたいときにも、鍋は必須です。
炊飯器でおこげを作るのは難しいですが、土鍋であれば蒸らし終わった後に数十秒火をかければ、簡単に作ることができます。
もちろん一般家庭にある土鍋でも代用可能なのですが、一般にご飯鍋は、圧力をかけてお米のおいしさを引き出すため、鍋の蓋を重くして作られているのが特徴です。
よりおいしくお米を味わうことができるというわけです。
中でも六鍋のご飯鍋は、お米がおいしく炊けることにこだわって作られたお鍋で、完全手作りの受注生産です。
長く使えるよう工夫されているそうで、プロにも愛用者がいると聞くと安心して使えます。

関連記事

ページ上部へ戻る