ブログ

料亭やすっぽん鍋専門店から支持される土鍋の理由

すっぽん料理は精力増強や健康維持、美容などのイメージがありますが、味も素晴らしく、特に鍋料理は人気があり料亭や専門店で出されるすっぽん鍋は絶品です。
厳選された材料と料理人の腕の良さで味の良しあしが決まりますが、それだけではありません。
それはどのような鍋を使用しているかという事です。
いくら新鮮で良質なすっぽんでも独特の臭みがあり、この臭みを取り除かなければすっぽんをおいしく食べる事が出来ないのです。
すっぽんの臭みを取る料理法は1200℃にも達するほどの強い火力が必要です。
普通の火力で煮てはすっぽんの臭みが出てしまい、いくら匂い消しに生姜や焼きネギを使用してもすっぽんのおいしさを引き出すことが出来ないのです。
家庭で何かの祝い事などですっぽんの食材を通販で購入し鍋を作ることになり、鍋を使うとします。
しかし、一般家庭によくある土鍋はホームセンターなどで購入した大量生産の物がほとんどで、強い火力を必要とするすっぽん料理をするとワンシーズンでひびが入り使い物にならなくなる可能性が高くなります。
でもたまにしかすっぽん料理をしないのならば、また買い直せば良いと思うかもしれませんが、商売となるとそうはいきません。
しかし、六鍋のすっぽん鍋は空焚きにも耐えられる陶板です。
耐熱性にすぐれているので炎の熱でヒビがはいることはなく、多くのお客に対応することができ、何年も使い続ける事ができます。
永く使い続ける事で、沸騰する時間も短くなり出汁が土鍋にしみこむようになり、調理すると鍋からも出汁がしみだし料理の味に深みが出てきます。
何年も使えるからこそできる利点なのです。
また、次々と来店するお客に対応すると、どうしても鍋を濡れたままで火にかける場合が出てきます。
一般的な鍋は底面が濡れたままでの使用は避けなければいけませんが、六鍋の土鍋は濡れたまま火にかけても大丈夫なので料理人からの支持があります。
このような理由で料亭や専門店から高い信頼を得ているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る