ブログ

ご飯鍋のお手入れ方法をご存知ですか?

1合から美味しいご飯が炊けるとご飯鍋が人気です。

炊飯器が普及する前は、ご飯は土鍋やかまどで炊くのが普通でした。
工夫を凝らした炊飯器より、土鍋で炊く方が美味しいのはどうしてでしょう。
土鍋とは、その名の通り土の鍋です。
土鍋に適した土で作られています。
大きな特徴は、熱の伝導がゆっくりだということです。
ご飯を食べた時甘く感じるのは、お米にアミラーゼという成分が含まれているからです。
アミラーゼは、40度から50度で活動が活発になります。
土鍋は熱の伝導がゆっくりであるため、炊飯器よりアミラーゼに適した温度が長くなります。
そのため、土鍋でご飯を炊くと甘く美味しいご飯になるのです。
土の持つパワーはすごいですね。
しかし、良いことばかりではありません。
土でできているため、正しいお手入れをしないとあっという間に壊れてしまいます。
ご飯鍋を手に入れたなら、いつまでも美味しいご飯が食べられるように、正しいお手入れ方法を覚えましょう。
まず、ご飯鍋が土でできていることを忘れてはいけません。
完成品であっても、使用者がひと手間かけなければなりません。
土鍋は、目止めから始まり目止めで終わります。
目には見えませんが、新品のご飯鍋にも細かな穴があります。
目止めをすることでその穴を塞いであげましょう。
使用途中でヒビが入った時も目止めをします。
もし、それでもヒビが埋まらない時、つまり漏れるようなら買い替え時です。
通常のお手入れは、冷ましてから水洗いし、よく乾かすだけで十分です。
スポンジでやさしく水洗いした後は、よく乾かして収納しましょう。
胴体の底は湿ったままにしておくのは禁物です。
湿気は、ヒビとカビの原因になります。
六鍋のご飯鍋は、全釉薬だから、欠けにくく、お手入れがラクだと人気です。
お手入れに時間をかけられないという方は、六鍋で選びましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る