ブログ

土鍋でご飯を炊けば家族で食卓を囲むシーンが増えるはず

せっかく夕食を作ったのにご主人は付き合いや飲み会で遅くなると急に連絡が入ったり、大学生や専門学生、社会人になったお子様も急に友達と食事をしてくるなどとメールが入ってドタキャンされて悲しい、悔しいと悩んでいる主婦の方も多いかもしれません。
男性は胃袋でつかめなどと言われますが、ご主人もお子様にとって、美味しいはずのママの味も長年食べ慣れたことで感動が薄くなり、ついつい友達の誘いや職場の誘いが断りきれなくなったり、誘惑に負けてしまうということもあり得ます。
そんなご主人やお子様の心をわしつかみにするのが、美味しくご飯鍋で炊き上げた銀シャリのふっくらご飯と、これまでよりワンランクレベルアップが目指せる土鍋調理のお料理です。
六鍋シリーズの土鍋は家族の人数や食べる量などに合わせて選べるよう、1合炊きから5合炊きまで揃っていますので、ニーズに合わせて利用しやすいものを選びましょう。
おこげも作れるので、香ばしいご飯が好きという方にはたまりません。
銀シャリのふっくら白米はもちろん、季節に応じた炊き込みご飯や、たまには目先を変えたお肉やシーフードなどを入れたピラフなど、工夫次第で炊きあげることができます。
美味しいご飯が待っていれば、誘惑にも負けず帰ってきてくれます。
今夜は○○ご飯だよ、土鍋でカレーができているよと朝伝えれば、真っ直ぐ帰ってくること間違いありません。
また、奥様やお母さんが自分たちのために色々と工夫して作ってくれることに思いを馳せ、これからはドタキャンはなくなって、事前に今日は夕食は要らないとしっかり伝えてくれるようになるはずです。
それどころか、奥様やお母さんの美味しい料理を自慢したくて、職場の方や友達を連れて帰ってくるかもしれません。
そんな時もたっぷりサイズのご飯鍋や土鍋があれば、大人数にも対応できますし、1合炊きや6号サイズなど小ぶりのものがいくつかあれば、何種類もの料理を作れて便利です。

関連記事

ページ上部へ戻る