ブログ

ご飯鍋で味わい深いご飯を食べるなら六鍋

ご飯鍋は、美味しいご飯を食べたいと願っている方におすすめの調理器具となっています。
ゆっくりと、そしてじっくりとご飯の美味しさを引き出してくれます。
美味しいご飯を炊くには、かまどが欠かせないと言われています。
芯からしっかりと火を通すことができ、じっくりと炊き上げることができるので、ふっくらとした美味しいご飯をいただくことができるのです。
このかまどと同じ原理を利用しているのが、ご飯鍋です。
かまど同様にじっくりと炊き上げていく仕組みとなっているので、甘味のある美味しいご飯を炊き上げることも夢ではありません。
ご飯鍋の特徴として挙げられるのが、蓋の重さです。
実際に蓋を持ってみると分かりますが、思っているよりも重みがあります。
蓋に重さがあることで、鍋の圧力が高まり粒立ったご飯を炊き上げることができます。
また、温度がゆっくりと上がっていくので、素材の甘味をしっかりと出すことができるのです。
金属製の鍋とご飯鍋は、温度の上がり方に違いがあります。
じっくりゆっくりと温度が上がっていくため、米の芯までしっかり火を通すことができるのです。
お米の美味しさを引き立たせているのが、アミラーゼという酵素で、この酵素が米のでんぷんを分解して甘味を出しているのです。
40度から50度ほどで加熱することが可能なご飯鍋は、アミラーゼの甘味成分が多く米から出てくるのでご飯の美味しさを最大限に引き立たせます。
火を止めた後でも熱を保つことができるので、蒸らし時間の際にもしっかりと米に熱が入り一粒一粒ふっくらと炊き上げてくれるのです。
おすすめの六鍋は、保温性が高いのはもちろんのこと、サイズやカラーが充実しているのも、購入する決め手の一つです。

関連記事

ページ上部へ戻る