ブログ

ご飯鍋は1合から炊けて省エネになりおこげも楽しめるのが特徴

ご飯鍋は火でご飯を炊くので炊飯器では出しにくい甘味とつやを出すことができます。

また1合からでも炊くことができるので1人暮らしの人や毎食おいしいご飯を食べたいという人におすすめです。
夏場は炊飯器でご飯を保温していると傷んでしまいご飯を無駄にしてしまうことが多い方や、保温したご飯の匂いがダメという方もご飯鍋で毎食炊くようにすることで悩みを解消することができます。
炊き方も簡単で、強火で10分・弱火で10分・蒸らしで10分と他の料理をしながら炊くことができます。
また炊飯器では作りにくいお焦げを作ることもできるのでご飯でお焦げが好きという方には毎食お焦げが楽しめるので食事の時間が楽しみになります。
お焦げの入ったご飯でおにぎりを作れば簡単に焼きおにぎり風のおにぎりが作れて簡単でお弁当にも最適です。
子供は正直でおいしいものはたくさん食べてくれますので子供がご飯をあまり食べてくれないという方はご飯鍋でたいてみるといいでしょう。
炊飯器よりもスピーディーな30分でご飯が炊けるうえに、保温などの電気代を節約できるため省エネにもつながり経済的にもお得になります。
おいしいご飯は米粒がたっているものですが、米粒を立たせるためには強い火力で加熱しお米がよく動くことが大切です。
お米が動きやすい形状になっているので米粒がたったご飯を炊き上げることができます。
蓋も重たくして密閉して圧が加わるようになってるので、古米もおいしく炊き上げることができるのが特徴です。
たどり着いた結果は電気で炊くのではなく火で炊くのが一番おいしいご飯の炊き方ということでした。
ご飯鍋は炊いた後の余計な水分を吸ってくれるのでおひつがわりに使うと冷めてもおいしいご飯のままで保存することができます。
おこげも作れておひつ代わりにもなるご飯鍋は六鍋がおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る