ブログ

土鍋ですっぽん鍋を作る際の心得について

土鍋料理は日本で古くから親しまれている料理の一種で、調理器具の一種である土鍋で食材を長時間煮込むのが一般的です。
加熱によってお湯の中に沁み出た栄養や風味を無駄無く摂取出来る利点があることから、鍋料理は様々な種類が各地で普及しています。
なかでも、すっぽん鍋は高級食材として珍重されているすっぽんを使用した豪華な鍋料理として高い人気があります。
すっぽん鍋はぶつ切りにしたすっぽんの肉を他の食材と一緒に土鍋で長時間煮込み、地域や料理店ごとに独自の味付けを施すのが一般的な調理法です。
すっぽんは希少性が高いことから鍋料理も高額になりやすい傾向がありますが、近年では養殖された安価なすっぽんを使用するケースも増えていることから、家庭でも手軽にすっぽん鍋を楽しむことが可能になっています。
家庭ですっぽん鍋を作る場合は使用する土鍋を慎重に選ぶことが大切です。
鍋料理は長時間加熱し続けるのが普通なので、使用する鍋も頑丈で熱に強いことが重要になります。
通常であれば鍋料理を作るのに支障はありませんが、粗悪品は少しの加熱でもひび割れが生じてしまう不具合に見舞われるので注意が必要です。
また、鍋の内側に塗られている釉薬も塗りムラがあると傷みや焦げ付きの原因になります。
食材が焦げ付くと風味が落ちてしまうので、調理の際は火加減以外に鍋の状態にも気を配ることが重要です。
水濡れや衝撃などは鍋の劣化に繋がるので、取り扱いには細心の注意を払うことを心がけます。
すっぽんの風味を保ちながら美味しい鍋料理を楽しむためには高品質で扱いやすい鍋を使うのが最も重要な条件になります。
そのため、様々な用途に特化した土鍋を複数扱っている六鍋の製品を用いることが美味しいすっぽん鍋を作るのに最適な方法です。

関連記事

ページ上部へ戻る