ブログ

口コミを信じて大正解、3合炊きでも美味しいご飯鍋の凄い実力

我が家は夫との2人家族で、どちらも小食なため、ご飯は少量ずつしか炊きません。
そのせいか、美味しいと評判のブランド米を使っても、あまり美味しいとは感じられず、電気炊飯ジャーならこんなものかなと思っていました。
そんな時、友人のお宅でお食事を頂く機会があり、その時のご飯がとても美味しく、驚いてしまったのです。
そのご飯は、見るからにツヤツヤ、ふっくらしていて、お米の甘さが充分に引き出されています。
思わず、どこのお米を使っているのか聞いてみると、友人は得意そうに、お米ではなく、お鍋が違うのよと教えてくれました。
口コミの評判を信じて買ってみたら大正解だったと言う友人が見せてくれたのは、六鍋のご飯鍋です。
少量炊いても美味しいご飯が炊きあがるとのことでしたので、早速我が家にも購入することにしました。
サイズもデザインも何種類かありましたが、我が家が選んだのは3合炊きの物です。
実は私は、ご飯が美味しくないと感じていながらも、ガス火で炊飯を行なったことは一度もありません。
勢いで買ったご飯鍋も、上手に使いこなせるか、正直不安を感じていました。
しかし、それは全くの杞憂に終わります。
ドキドキしながら炊きましたが、強火で10分炊いたあと、弱火にして10分、火を止めて10分のわずか30分で、いつもと同じお米とは思えない、真っ白でツヤツヤの美味しそうなご飯が炊きあがったのです。
失敗したら困ると思い、1合だけ炊いたのですが、半信半疑だった夫も驚くほど美味しいご飯で、あっという間に平らげてしまいました。
ご飯鍋は、炊飯ジャー違い、底の方に出来る程よく香ばしいおこげも楽しみのひとつです。
おこげは、おにぎりにしても美味しく、食の進まない夫もパクパク食べてくれるようになりました。
使い始めた当初は、吹きこぼれないかとハラハラしながら見守っていましたが、その気配もないことが分かった今では、安心してご飯鍋に任せています。
六鍋のご飯鍋は、我が家の食卓に、なくてはならない調理器具となりました。

関連記事

ページ上部へ戻る