ブログ

ご飯を土鍋で炊くのならごはん鍋です

日本人の主食と言えばごはんです。
一般的にごはんを炊く場合、炊飯ジャーを使用します。
炊飯ジャーはお米に洗い水を入れてボタンを押せばすぐに炊くことが出来ます。
しかし、より美味しいごはんを食べたいと考えているのなら、土鍋を使いましょう。
一般的な鍋でも炊くことは出来ますが、急速に沸騰してしまいます。
急速に沸騰する事により、鍋の中は圧力で爆発状態です。
その為、どうしても本来のお米の美味しさを引き出せていないことが多いです。
土鍋の場合、外から徐々に熱を与えられます。
徐々に熱を与える事が出来るので、ゆっくりと美味しさを引き出させる事が可能です。
また、ムラも起こりにくいのも魅力のひとつとなります。
これは炊いている最中にお米と水がしっかりと流動されているからです。
まんべんなく流動されると、ムラもなくなり一粒一粒しっかりと加熱されます。
火を止めても高い保温性を誇っているので、蒸らしも行えます。
つまり、お米が立って炊きあがるという理想的なご飯を楽しめるという事です。
実際に土鍋を使用してみたいけれど、どれが良いのか分からない方にはプロが作り上げた物が良いでしょう。
大量生産された物の場合、ごはんに適していない可能性があります。
プロが作った物は美味しいごはんを炊くために作られた専用のごはん鍋があり、安心して使えます。
なかでも、六鍋はこだわり抜かれた土鍋です。
鍋を作成するプロが制作していて、長く使い続ける事が出来るように飽きのこないデザインとなります。
何度も繰り返し行った耐熱の実験から割れにくさも支持されている理由です。
毎日食べるごはんだからこそ、炊飯ジャーではなく土鍋を使いたいと考えている方にピッタリです。

関連記事

ページ上部へ戻る