ブログ

おいしいご飯を炊くならご飯鍋の選び方が大切

ご飯鍋を選び方として押さえておきたいポイントが何個かあり、ポイントを確認した上で納得のいくご飯鍋を選び長く愛し使えるものを購入するようにしましょう。
まずはご飯鍋の生産地です。
生産地として大きく分けると日本製か外国製かで分けられます。
最近では100円ショップなどでも目にするようになりましたが、100円ショップなどで販売されているのものの大半は外国製で、安くてすぐ手に入りますが壊れやすく機能も日本製に比べると落ちてしまいます。
その代わり日本製のものであれば日本人に合ったご飯が炊きあがるように作られており、安心安全という信頼もあります。
外国製のものに比べると日本製の方が少しお値段が高めという面がありますが、値段が高めでも長く使うことを考えれば気にすることはないでしょう。
素材としては、土がなめらかなタイプとざらざらのタイプの2つがあります。
滑らかなタイプは蓄熱性は低めでざらざらのタイプは蓄熱性が高めとなっており、少しでも長くご飯を温かく保存したいという方はざらざらのタイプを選ぶのがおすすめです。
サイズは1人用なのか家族用なのかによってサイズがかわります。
1人ぐらしでも友達と食事会をよく行ったり作り置きを作るという方は大きいサイズでもいですが、そうでない方は小さめのサイズで十分です。
色や深さにも注意が必要です。
黒い土鍋だとだしの色などが分かりにくいという欠点があるので、色が濃いものよりも薄めの色を選ぶとよいでしょう。
深いと取りにくいですがふきこぼれしにくいという使いやすい面と使いにくい面がありますので、深いのは調理用、浅いのは食卓用と使い分けると便利です。
ポイントを押さえた選び方をすることでご飯鍋を購入する時に失敗することがなくなります。
土鍋専門店である六鍋のご飯鍋であればポイントを押さえた商品が豊富なのでおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る