ブログ

お手入れ方法を知って上手にご飯鍋を使おう

最近、ガス火で少量のご飯が炊けるご飯鍋が人気です。

一人暮らしの人はもちろん、家族みんなで食べるにしてもおいしいご飯が炊けるということで、一度使ったら炊飯器のご飯が食べられなくなったという人が続出しています。
すこしだけご飯を食べたいときや、おいしいおかずができたからご飯もとびっきりおいしくしたいとき、土鍋でご飯を炊くのが一番です。
土鍋専門店 六鍋のご飯鍋は土鍋でできていますので、お米の一粒一粒がふっくらと立ち上がり、もっちりした食感が楽しめるおいしいご飯になります。
お米の甘みが強くなり、底のおこげもまたおいしく味わえますので、ご飯ってこんなにおいしいものだったのかと目からウロコが落ちる体験ができるでしょう。
口コミでも広まり、土鍋製のご飯鍋は広く世間に知られるようになりました。
購入のポイントは最初に良いものを買うこと、そして正しいお手入れ方法で長く使うことです。
ご飯を炊くために作られた土鍋製のご飯鍋は、炊くのはもちろん、おひつとしても使えることから、すべてが釉薬でコーティングされています。
そのため、中性洗剤を付けたスポンジで洗ったら、しっかりと水気を取り、さらに底を上にして乾燥させます。
釉薬でコーティングされていますので、基本的にカビは生えないようになっていますが、乾燥が十分でない場合にはまれにカビが生えてしまいます。
カビが生えた場合は同じく中性洗剤で洗って落とし、しっかり乾燥させることによって再びきれいになります。
おいしいご飯が炊けるようになると、毎日活躍することになるご飯鍋ですので、ついつい十分な乾燥ができないままにまた使うということになると思われます。
使っている合間にもしっかり乾燥させるという意識をもってお手入れ方法を実践していけば、長く愛用できるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る