ブログ

時短と光熱費節約にもなるご飯鍋は一人暮らしの方にも人気です

1人暮らしをしていると食事も簡単に済ませがちです。

一方で、節約や健康面のことを考えて自炊に挑戦する方も多いでしょう。
そこで、主食であるご飯をどうするかと考えた時、炊飯器の他に土鍋という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。
初めての自炊なら炊飯器の方が簡単でいいのでは、と疑問に思うかもしれませんが、実は六鍋のご飯鍋なら時間さえ守れば子供でも絶品ご飯を炊けます。
強火で10分、弱火で10分、蒸らし10分と30分もあればプロが炊いたのかと思うほどのご飯が食べられます。
これはすべての土鍋でできることではなく、専門作家が一つひとつ丁寧に作り上げた六鍋の製品ならではのものです。
安物とは違って業務用としても活躍できるように、丈夫で長持ち、そして調理時に食材の旨味を最大限生かすために熱の伝わり方にもこだわっています。
そのため、均等に熱が伝わってお米の芯からふっくらと炊き上がり、高い保温性によって短時間で炊き上げられるようになりました。
しかも、おひつ代わりにもなるので炊きあがったご飯の水分を適度に保ってくれます。
さらにお手入れも楽ちんで、土鍋全体に釉薬を施してあるので普通の食器のように洗えますし、カビも生えにくいのが特徴です。
これなら自炊は初めてという方でも安心して使えるでしょう。
1人暮らしをしていると、まとめて3合ほど炊いておいて冷凍保存したり、食べる時に必要な分を炊いたりと人によって違うのではないでしょうか。
その点、ご飯鍋なら1合でも3合でも美味しく炊けるのでライフスタイルに合わせて使用できます。
その上、普通のご飯はもちろんのこと、炊き込みご飯やシチュー、鍋物にも使えるのです。
保温性が高くじっくり煮込むのに向いている調理器具ですから、一家に一つあっても邪魔にはなりません。
工夫次第で自炊生活がより楽しくなるでしょう。
古米ですらふっくらと炊けるため、光熱費だけでなく食費を節約するのにも役経つはずです。
自炊を考えているなら、ぜひ六鍋のご飯鍋を試してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る