ブログ

6人家族で1人用六鍋を選び6つの土鍋を揃えました

我が家は主人と私、高校生と大学生の息子、主人の両親の6人家族です。

これまで大きな土鍋を使って冬場はお鍋などを楽しんでいましたが、最近はあまりお鍋をする機会がなくなり、今回、1人用サイズの六鍋を6つ買うことにしました。
理由はそれぞれ味の好みや食べたい物が違うことと、ライフスタイルがそれぞれ違い、ご飯を食べる時間もバラバラだからです。
子供が小さく、両親もまだ若いときはみんなで楽しくお鍋をつついたものです。
ですが、最近は高校生の息子は部活動で遅くなり、大学生の息子はいつ帰ってくるのか分からず、主人も子供が小さいときと違って真っすぐ家に帰らず、飲んで帰ることが多くなりました。
80代になった両親は寝る時間が早めになって、夕食を早めに食べるようになりました。
さらに義父は持病があるので塩分控えめで低カロリーな食事が基本となる一方、義母は歯が弱り柔らかく煮たり、小さく刻んだ料理が必要になっています。
そこで、まずキッチンの2口コンロで、両親の鍋をそれぞれ作ります。
義父には野菜と豆腐でヘルシーな湯豆腐を、義母には小さめに野菜を刻んだり、薄切りした素材を卵でとじたお鍋を作りました。
一気に2つの料理を作って、先に食事を済ませてもらった後は、私と高校生の息子の番です。
私は体型が気になるのでカロリー控えめで女性の体にいいという豆乳鍋を、高校生の息子はお肉やウインナーをたっぷり入れたカレー鍋にしました。
色々と市販の鍋のもとを買って置くと、1人ずつの鍋にも気軽に対応できます。
この日は残業を終えた主人が遅めの夕食をとるので、メタボや生活習慣病対策に豆腐や野菜、魚介類を入れたヘルシー鍋を作りました。
さらに大学生の息子がバイトを終えて帰ってきたので、リクエストに応えて鍋のもとでトマト鍋を作って食べさせました。

関連記事

ページ上部へ戻る