ブログ

ご飯鍋で作るお米料理のレシピ

ご飯は炊飯器で炊くという人も多いですが、最近は土鍋の良さも見直されており土鍋で美味しいご飯を楽しむ人も増えています。
土鍋というと鍋物に使われることが多く、冬に使うものというイメージもありますが、ご飯を炊くのに使えば、年間を通して活用することができます。
通常の土鍋でご飯を楽しむのも良いですが、六鍋ではご飯専用のご飯鍋も販売されており見た目も上品でおしゃれなものとなっています。
サイズも豊富に用意されていますので、家族の人数に合わせて選んでいきましょう。
ご飯鍋のレシピとしては、まず白米を炊けることはもちろん、玄米やお粥を炊くのにも向いています。
まず、お米はきれいに研いでおき、30分程度吸水させます。
炊くときは鍋に米と水を入れ、蓋をかぶせましょう。
沸騰したら弱火にし、10分程度で火を止め、その後は蒸らしておきます。
ご飯の炊きあがり具合も気になるところですが、途中で蓋を取ったり、混ぜるなどをすると失敗の原因となりますので、蓋は開けないように注意してください。
白米が美味しく炊けるようになったら、より様々なバリエーションが楽しめるようになります。
キノコやタケノコなど季節の食材を利用した炊き込みご飯なども美味しいですし、牡蠣や鯛などの海鮮を利用したご飯もちょっとしたごちそうとなりますし、炊飯器よりも見た目が華やかになるのもメリットです。
ヘルシー志向の人には玄米も人気ですが、この場合はより浸水時間を長くしたり、水をやや多めにするなどの工夫で美味しく炊くことができます。
お粥も米から炊くとよりおいしくいただくことができますが、通常の白米での炊飯よりも水を多く使うこと、弱火でじっくりと時間をかけて炊くようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る