ブログ

初心者でも使えるご飯鍋の使い方とは

ご飯鍋を使ってご飯を炊くことで、かまどで炊いたような美味しいご飯が炊き上がります。

ご飯鍋の使い方は難しいと思っている方が大半ですが、至ってシンプルです。
最初の10分は強火で一気に過熱、更に10分は弱火にしておき、あとは10分蒸らすだけの、ほぼ3行程でご飯が炊けます。
また、遠赤外線の効果でじんわりと芯から米を温めるため、ふっくらとした美味しいご飯を食べることができるのです。
現在では、様々なタイプのご飯鍋がありますが、オーブンやガスコンロなどで使用することができるのでチェックしてみましょう。
白米や玄米を炊くことが可能ですが、使い方に慣れてくるとおかゆやパエリア、たけのこご飯や栗ご飯なども炊くことができるようになります。
白米を炊く際には、お米に十分な水分を吸収させるために水加減に注意しなければいけません。
また、30分以上水に浸すことで、より美味しいご飯を炊くことができます。
玄米やおかゆ、パエリアなどお米の種類や硬さによって水の量や火加減に違いがあります。
美味しいご飯を炊いて食べたい方や失敗なく炊き上げたいという方は、事前に正しい使い方をチェックすることが欠かせません。
現在、様々なレシピが充実しています。
料理初心者の方でも気軽にチャレンジできるレシピとなっているので試してみるといいでしょう。
初心者の方にもおすすめのご飯鍋は六鍋で購入できるので、一度チェックしてみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る